お泊まり保育

 7月17日(水)、年長さんのお泊まり保育。夕方5時登園、園バス2台に分乗して羽村のキャンプ場へ。
 6時過ぎに、夕闇迫るキャンプ場に到着。新緑におおわれたキャンプ場には、涼しい風が吹き抜けていました。お泊まり保育①



 猛暑の立川に比べると、多摩川河畔のキャンプ場、川面を渡る涼風は肌に心地よく、別天地です。
 お弁当タイム。緑の芝生に思い思いにごちそうを広げ、友達といただくお弁当は、格別の味がしました。お母さんありがとう。お泊まり保育②



 食事が終わると、いよいよキャンプファイアー。点火は8人の子ども達が受け持ちます。それぞれ「友情の火、勇気の火、健康の火、思いやりの火、やさしい心の火、がんばる力の火、平和の火、あきらめない心の火」のトーチを持ち、園長先生が火の神様から分けていただいた火をもらい受け、一斉に点火。お泊まり保育③



 燃えさかる炎を囲んで「キャンプだほい!」「スマイル音頭」を踊りまくり、「燃えろよ燃えろ」の大合唱で、宴は最高潮に燃え上がりました。お泊まり保育④



 その後、キャンプファイアーを離れ、緑の芝生に車座になり、線香花火など2種類の手持ち花火を楽しみました。チリチリと小さな火を散らす線香花火は、夏の夜の風物詩として、子ども達の心にいつまでも残ることでしょう。お泊まり保育⑤



 次は、先生たちによる花火の饗宴です。激しく炎を噴き上げる打ち上げ花火は迫力満点です。お泊まり保育⑥



 最後は「ナイヤガラ」の流れるような火の虹を楽しみました。お泊まり保育⑦



 楽しかったキャンプ場を8時20分出発、8時50分幼稚園着。歯みがき、トイレを済ませ、体操着、巻きタオルで寝る準備、寝る前の集合写真を撮りました。おやすみなさい。お泊まり保育⑧



 楽しかった一日の興奮で、なかなか寝付けません。しかし、いつしか、昼の疲れか、あちこちでやさしい寝息が聞こえてきます。どんな夢を見ているのでしょうか。お泊まり保育⑨


 翌朝6時起床。自分たちの布団を片付けます。1階のプレ教室まで運びます。意外に重たいので四苦八苦です。お泊まり保育⑩



 洗顔後、スモックを着て朝食です。お手伝いして下さる先生方も一緒に、いただきます。お泊まり保育⑪



 朝食後、ペン立て作りの制作です。配られた用紙に名前と好きな絵を描きます。出来上がったら、先生にセットしてもらい、お土産として持ち帰ります。お泊まり保育⑫



 最後の行事は楽しい「すいか割り」。前へ、後ろへ、みぎ、ひだり、友達の声援が飛び交うが、中々的が絞れません。ようやく割れたすいかを、みんなでおいしくいただきました。お泊まり保育⑬



 9時降園。初めてのお泊まり、お家の人も、何かと心配で、夜もあまり眠れなかったようです。たった一日のお別れでしたが、目と目が合ったとたん安堵の表情が、親子ともにありました。お泊まり保育⑭



 

なつかしの同窓会

 7月17日(火)、この4月に若草幼稚園を卒園した65名が3か月ぶりに集まってきました。12の学校に分かれて進学した子ども達は、それぞれの学校で、たくましく成長していました。なつかしの同窓会です。同窓会①



 ホールで点呼、学校紹介等の後、クラス対抗のゲーム大会を行いました。最初は幼稚園時代もよくやったドッジボールです。白熱の試合が始まりました。同窓会②



 たくましさを増した子ども達は、動きもシャープです。女の子も一歩も引きません。一進一退の攻防が繰り広げられました。同窓会③



 次はボール送りゲーム。各クラス男女別に分かれ、4チームの対抗戦です。昔の仲間との息もぴったりで、白熱したゲームが展開されました。同窓会④



 戦いすんでおやつタイム。名前入りの大きな袋に入ったお菓子セットをいただきます。ホールいっぱいに輪になって、いただきます。同窓会⑤


 3月に若草幼稚園を退職された、ふじ組担任だった福島先生も輪に加わりました。懐かしい思い出話に花が咲きました。同窓会⑥


お楽しみ会



 7月17日(火)、年少、年中さんのお楽しみ会が実施されました。これは、縁日(お祭り)形式で、各自がチケットを持って5つのポイントを回り、それぞれの場所で楽しむものです。最初に年中さんが年少さんのお部屋へお迎えに行き説明会場のホールに連れていきます。お楽しみ会①



  ホールに集まってお楽しみ会の説明を聞きます。最初に組んだペアとは最後まで手をつないで行動します。5つのポイントでシールを貼ってもらい、終わったらりす組で待ちます。お楽しみ会②



 最初はボーリングです。カラフルなピンを勢いよく倒し、アメをいただきます。お楽しみ会③



 東階段の下では、お土産つりでにぎわいます。大きなお土産袋をマジックのハリで釣り上げ、やったー。お楽しみ会④



 ひと汗かいた後は、飲み物コーナーでのどを潤します。リンゴ味の乳酸飲料です。外は37度の真夏日です。暑さに負けずに頑張ろう。お楽しみ会⑤



どこからともなく、ポップコーンの香ばしいにおいが漂います。みんなでいただくコップ一杯のポップコーンが特別のごちそうになります。お楽しみ会⑥


 最後はスイカのコーナーです。真っ赤なスイカのジュースが、全身に行き渡ります。お楽しみ会⑦

緑陰の散策路「ロックガーデン」


 7月8日(日)、若草登山隊は、夏でも涼しい御岳のロックガーデンを楽しんできました。JR御嶽駅からバス10分で滝本駅、ここからケーブルカーで御岳山駅へ。標高差423.6m、最大勾配斜度25度の急こう配を6分ほどで天上の楽園へ。ロックガーデン①



  関東平野を見渡せる御岳平から御嶽神社へ向かう道を歩く。左右に御岳ビジターセンターや御師の宿坊などが軒を連ねる。仲良し4人組の足取りも軽やかです。ロックガーデン②



 御嶽神社を過ぎてからロックガーデンへの道に入る。杉木立が連なり木の根っこが張り出しているが、子ども達の足は軽やかです。ロックガーデン③



 ロックガーデンの入り口付近に、大きな「天狗岩」があり、頂上に天狗の像が立っている。この下で休憩し、いよいよロックガーデンに入る急階段を注意深く降りる。ロックガーデン④



 御岳沢一帯の深い谷には苔むした岩がゴロゴロしているが、昔から岩石園として多くの人々に親しまれてきた。丸木橋や飛び石を伝って、右に左に渡りながら涼を楽しむ。この辺りは平地より5~6度涼しく暑さ知らずだ。ロックガーデン⑤



 ロックガーデンの中間点に休憩所がある。ここで昼食、樹間を渡る涼風は肌に心地よく、お母さん、心づくしのごちそうも格別の味がします。ロックガーデン⑥



 食後は、冷たく澄んだ渓流で水遊び。夏でもひんやりする水で気持ちいい。時々沢ガニさんも顔を出す。ロックガーデン⑦



 出発前に全員で記念写真をパチリ。夏でも涼しい別天地で、すがすがしい顔がそろいました。ロックガーデン⑧



  ロックガーデンの始点に、優美な「綾広の滝」がある。高さ10m、滝壺の深さ1.2m、夏は水遊びが楽しめるが、冬は修業の場になる。御嶽神社の神官が、厳寒の滝行に励む。ロックガーデン⑨


プレスクールの最初の園外保育

 プレスクールは今週(7/2~7/6)で1学期が終了します。短い期間でしたが急速に成長した子ども達にプレゼントとして、昭島市の昭和公園へバス旅行を実施しました。若草幼稚園のアンパンマンバスは子ども達のあこがれの的です。子ども達は大喜びでした。プレ外出①



 昭和公園には、かわいい小動物がたくさんいます。サル、ヒツジ、ウサギ、カメ、金魚、インコ・・・・。動物たちも子ども達が大好きです。プレ外出②



 公園中央の大テーブルでおやつタイムです。お母さんが小分けしてくれたお菓子などをおいしくいただきました。大きな樹の下は、涼しい風が吹き抜けて気持ちがよいです。プレ外出③



 みんながお菓子などを、おいしそうに食べているので、ハトさんが大勢飛んできました。お菓子が欲しいよう!!プレ外出④



 おやつ後は、公園の広場にある様々な遊具で遊びました。かわいいシーソーも楽しいです。プレ外出⑤


 大きな滑り台もスリル満点です。一人でも、2人で手をつないでも滑れます。プレ外出⑥



 ぼくはスプリング遊具が好きです。強いスプリングで身体が揺れて飛びあがりそうです。プレ外出⑦



 大きなお池には金魚さんやカメさんがいます。暑い日だったので、カメさんは水に潜って涼しそうでした。プレ外出⑧



 公園の一画には、昔の蒸気機関車「デゴイチD51」の雄姿が見られますが、今は古くなって中に入ることはできません。プレ外出⑨

前のページ «  ホーム  »  次のページ