新学期始動

 4月10日(火)の入園式後、新学期が一斉に始まりました。新入園児の年少さんも、元気にお母さんと登園しています。半分はバス通園ですが、初日から誰一人泣かず、バス通園を楽しんでいます。新学期始動①



 4月12日(木)から、学年ごとに保護者の顔合わせ会が実施されました。幼稚園からの諸々のお願いが話され、保護者からは、お家での子供の様子が報告されました。今後とも、幼稚園生活がスムースにいくように、情報交換をはかっていくことが話されました。新学期始動②



 4月17日(火)、年少さんの体操始め。体操担当の三好先生と初顔合わせ、手足をぶんぶん動かして、よろしくお願いします。新学期始動③



 4月17日(火)には、給食試食会も行われました。子ども達が食べる給食を、お母さんに食べていただき、感想やら、要望やらををお聞きしました。実際に食べてみて、安心したようでした。新学期始動④



 4月18日(水)は弁当始め。給食は5月7日(月)からなので、それまでは家から持参したお弁当をいただきます。みんなでいただくお食事は、格別の味がします。新学期始動⑤



 晴れた日は、お庭で遊びます。3階建ての総合遊具や、お砂場で、心行くまで楽しみます。新学期始動⑥



 4月23日(月)、父母の会の定期総会が実施されました。父母の会と幼稚園は、車の両輪のように、子ども達の健やかな成長を願って、協力して活動していきます。新学期始動⑦



 園庭上空には、真っ青な空をバックに、大きな鯉が勢いよく泳いでいます。子ども達の成長を願っています。新学期始動⑧


 

音楽交流会

 2月21日(水)、音楽交流会がホールで行われました。学年ごとに、合奏や合唱を披露しあい、交流を深める会です。
 年少さんは、楽器に触れるのが初めての子がほとんどで、大太鼓、、小太鼓、カスタネット、すず、トライアングル、タンブリンの名前と使い方を練習してから、希望する楽器を決め、練習に入りました。本番では『不思議なポケット』をしっかり合奏することが出来ました。
音楽交流会①



 年少さんの歌は『ホ・ホ・ホ』で、大きく口を開けて、元気に歌うことが出来ました。音楽交流会②



 年中さんは、『手のひらを太陽に』を力強く合奏しました。1年間でこんなにも上達するものかと感心させられます。迫力ある演奏でした。音楽交流会③



 年中さんの合唱曲は『世界中の子ども達が』で、一糸乱れずにきれいに歌い上げました。音楽交流会④



 年長さんは、卒園までに全員メロディオンをマスターしょうとがんばりました。和田先生の指導のほか、担任の先生が毎日レッスンを見てくれました。音楽交流会⑤



 メロディオンの演奏は『たこたこ上がれ』『かっこう』『喜びの歌』でした。立派な一年生になれることでしょう。音楽交流会⑥



年長さんの合唱曲は『ありがとうの歌』。ここまで育ててくれたすべての人に感謝する歌、清らかな天使の歌声が、いつまでも余韻を響かせていました。音楽交流会⑦



 最後に、音楽指導の和田明香先生が、ショパンのピアノ曲『子犬のワルツ』を弾いてくれました。心に響く音色に会場全体が聞き入っていました。音楽交流会⑧





 

防犯訓練

 
 2月8日(金)、立川警察署防犯係りのご協力を得て、職員対象の防犯訓練を実施。
 午後3時頃、幼稚園の正門前から通用門にかけて、幼稚園の内部を窺いながら、行ったり来たりする不審者を副園長が発見。防犯訓練①



 園内に押し入ろうとする不審者に、「どんなご用ですか」、「親戚のものだが、子どもを迎えに来た」、「IPカードをおもちですか」、「持っていない」、「それでは入れません」、押し問答が続く。防犯訓練②



 無理やり、園内に押し入った不審者を見た職員が、学校11O番で警察に通報するとともに、サスマタやモップなどで、応戦。片隅に押し込めることに成功。防犯訓練③



 一連の行動を見ていた立川警察署の岡本巡査部長、山田巡査部長の講評を伺った。最初に不審者に対応した副園長の対応は良かった。その後の職員の対応もおおむね良かったが、制圧が目的ではなく、警察官が駆け付けるまでの時間稼ぎが大切なので、力任せに跳びかからないように。防犯訓練④



 万一、保育室や廊下に侵入してきた場合、サスマタで胴を押しても、力負けするので、なるべく腕や足を押さえるように、また、前後から複数で対応するのが良い。防犯訓練⑥



 その後、被害者の9割が女性という犯罪がある、それは「ひったくり」。道路側に荷物は持たない、音楽を聴きながら、ケイタイを見ながら歩かない、等の注意があった。防犯訓練⑤




一小5年生との交流会

 2月6日(火)、幼小連携事業の一環として、第一小学校の5年生30名が若草幼稚園を訪問、楽しい交流会を開いてくれました。
 若草幼稚園を卒園して5年、すっかりお姉さん、お兄さんになって、後輩たちをやさしくリードしてくれました。中学生①



 ゼスチャーゲーム。5年生が差し出す箱の中に、ある動物が書いてあり、これを読んでゼスチャーで当ててもらうゲーム。ブタや猿など、中々な演技で、すぐに正答を引き出していました。中学生②



 ジャンケンゲーム。音楽に合わせて、部屋を歩き、鉢合わせした人とジャンケンをし、負けた人が後ろにつくゲーム。5年生、幼稚園生、入り乱れて長蛇の列となり、部屋中をのたうち回る騒ぎになりました。中学生③



 ぬいぐるみゲーム。大小2つのぬいぐるみを、音楽に合わせて隣の人に渡し、音楽が切れた時に持っていた人が、罰ゲームとして中央に出て名前を名乗るもの。不思議と同じ人が当たるものです。中学生④



 トントンゲーム。小さな手作りの台の上に、二つ折りにした人形を立て、双方からトントンとたたいて移動させ、相手を倒した方が勝ち。なかなか勝負がつかず、熱戦になるケースが多かった。ちなみに、手作りの台と人形は、5年生が全員分作ってくれたので、お土産としていただくことが出来ました。中学生⑤



 輪投げゲーム。5年生が、新聞を丸めて作ったリングと、ペットボトルを的のピンにして、輪投げを楽しむゲーム。5年生の名アイデアに、幼稚園生は熱中していました。中学生⑥



 最後に、5年生が、丹精込めて作った、風船や折り鶴をお土産にいただき、ご満悦でした。5年生の皆様、今日一日ありがとうございました。中学生⑦

外人教師による英語指導

 年長さんの英語の正課授業は、年に数回外国人教師による授業がある。今日の先生ヒラリー・ナイト(Hilary Knight)さんは、イギリス南部のポーツマス出身で、来日26年のベテラン教師。ECCでも4年のキャリアがある。ドミニカ人のご主人とはスペイン語で話し、仕事は英語、日常生活は日本語で話している。外人英語①



 今日の天気は、snowy(雪)で、次いで、sunny,cloudy,rainyを覚え、また、今月はFebruaryで、月の勉強をし、季節はwinterで四季の練習をした。外人英語③


 今月は、日本では節分があり、悪い鬼(demon)が現れる。これをみんなでやっつけようと,働きかける。外人英語④



 次は、yes,noクイズで、楽器が弾けますか?と問いかけ、yesまたはnoの列に並ばせる。外人英語⑤



 楽器当てクイズでは、先生のゼスチャーを見て、ピアノ、バイオリン、フルート、ドラム、トランペットを当てるゲームを楽しんだ。外人英語⑥



 最後は、英語の絵本を読んでもらい、楽しんだ。先生の、身振り、手ぶりの表現力で、何とか理解できたようでした。外人英語⑦


前のページ «  ホーム  »  次のページ