総合防災訓練

 11月21日(水)、総合防災訓練を実施しました。当日は立川消防署錦町出張所から大型消防車1台の出動を要請し、様々な防火訓練を実施しました。総合防災訓練①



 通報訓練。事務室内で、消防隊員と事務職員の間で、内線電話を使って119番通報。「火事ですか、救急ですか」→火事です。「どこが火事ですか」→立川市柴崎町2丁目13番地11号 若草幼稚園の1階が火事です。「目標になる建物はありますか」→立川第一小学校の東です。「怪我人はありますか」→ありません。「了解、すぐ出動します」総合防災訓練②



避難訓練。全園放送で火災の発生を知らせる。「訓練火事です。幼稚園の1階の大人のトイレ付近が火事です。お庭に避難してください」。全園児、靴をはいたまま園庭に飛び出します。2階の年長さんはスカイダー(避難滑り台)で滑りおります。総合防災訓練③



 避難の様子を消防署の方に聞いてみました。「大変早く、うまくできました」。ほめていただきました。総合防災訓練④



 消火訓練。消防署の指導で、先生や事務職員が、クンレンダー2本を使って標的に向かって消火訓練。総合防災訓練⑤



 消防車の見学。長いホースやハシゴなどがコンパクトに収められており、消火活動に便利にできています。総合防災訓練⑥



消防服の試着。実際の火事の時に着る服を着させてもらいました。この服だけで4kg、ヘルメット、靴、ズボンをあわせると10kgになるそうです。完全装備で火に立ち向かうそうです。総合防災訓練⑦



 最後に質問コーナーがありました。「火事の時銀色の服を着るのはどうしてですか?」→火の熱から守るためですが、今は黒や茶色が多いです。「火を消す以外にどんなことをするのですか」」→救急隊の応援に行ったり、ハチの駆除、木に登ったネコの救出等、人が困っているところに行きます。総合防災訓練⑧






 

 ホーム