園児引き渡し訓練

 11月14日(水)、災害発生時の園児引き渡し訓練を実施しました。
 幼稚園には、緊急地震装置「EQガード」が設置されています。これは気象庁と直結しており、地震発生前の事前情報をキャッチし、連絡してきます。幼稚園で震度4以上を設定しておくと、震度4以上の予想地震はすべて通報してきます。同時に自動的に幼稚園の放送設備を起動させ、全園放送で知らせてきます。引き渡し訓練①



緊急地震速報装置からの、地震発生のアナウンスの後、園長から、地震発生です。あわてず、落ちついて、机の下に入ってください、の放送が流れると、子ども達はいっせいに、机の下へもぐりこみます。引き渡し訓練②



 地震が収まりました。これからお家の人が迎えに来ます。急いでお帰りの支度をしましょう。
 ①最初に、防災ズキンを、きちんとかぶりましょう。
 ②そして、スモックを着た上に、ジャケットを着て、カバンをしょって園庭に出ます。
 ③靴箱から、外ぐつをはいて、園庭に並びましょう。引き渡し訓練③



 


 園庭に並び、チェックが終わったら、園長に報告します。○○組、○○名、全員避難完了しました。引き渡し訓練④



 次々に、保護者が幼稚園に到着します。担任のところで、氏名、到着時刻を記帳します。兄弟姉妹がいる場合は、低年齢の園児から引き渡します。引き渡し訓練⑤



 園児のお迎えは、基本的には徒歩です。日野市の遠方から引き取りに見えた保護者は、50分ぐらいかかったそうです。引き渡し訓練⑥_edited-1




 

 ホーム