青梅丘陵ハイキング




 5月20日(日)、若草登山会は、新緑が目に優しい青梅丘陵にやってきました。
 青梅駅から一つ先の「宮ノ平」駅に降り立ち、今日一日のハイキングに期待が膨らみます。青梅丘陵①



ハイキングコースは、山を登った尾根道にあります。その尾根を目指して、緑の中へ分け入ります。頬をなでる薫風が心地よく足取りも軽くなります。青梅丘陵②


 途中、男の子や元気な人々は、本隊と別れて、急な登りに挑戦、上の尾根を目指します。杉木立の急登を一気に駆け上りました。
青梅丘陵③
>



 昔、山城の見張り所のあった「矢倉台」へ出ます。眼下にははるかに多摩川と青梅市街が広がります。思わずヤッホー!青梅丘陵④
   


 本体と合流した一行は、第二休憩所で一息つきます。ここは見晴らしもよく、おやつタイムに絶好な場所でした。青梅丘陵⑤



 子どもも大人も、快適なハイキングコースを、とばしにとばして、「むらさめ橋」に到着、ここからは終点の鉄道公園まで、あとわずかです。青梅丘陵⑥



 鉄道公園には、蒸気機関車から新幹線までの実物の展示のほか、鉄道の歴史がわかる資料がたくさんあります。中央の展示室には、様々な列車が走り回るジオラマがあり、子ども達の歓声が絶えませんでした。青梅丘陵⑦



 「D51」の雄姿の前で記念写真を撮りました。改めて「D51」の大きさがわかります。青梅丘陵⑧



 ホーム