一小5年生との交流会

 2月6日(火)、幼小連携事業の一環として、第一小学校の5年生30名が若草幼稚園を訪問、楽しい交流会を開いてくれました。
 若草幼稚園を卒園して5年、すっかりお姉さん、お兄さんになって、後輩たちをやさしくリードしてくれました。中学生①



 ゼスチャーゲーム。5年生が差し出す箱の中に、ある動物が書いてあり、これを読んでゼスチャーで当ててもらうゲーム。ブタや猿など、中々な演技で、すぐに正答を引き出していました。中学生②



 ジャンケンゲーム。音楽に合わせて、部屋を歩き、鉢合わせした人とジャンケンをし、負けた人が後ろにつくゲーム。5年生、幼稚園生、入り乱れて長蛇の列となり、部屋中をのたうち回る騒ぎになりました。中学生③



 ぬいぐるみゲーム。大小2つのぬいぐるみを、音楽に合わせて隣の人に渡し、音楽が切れた時に持っていた人が、罰ゲームとして中央に出て名前を名乗るもの。不思議と同じ人が当たるものです。中学生④



 トントンゲーム。小さな手作りの台の上に、二つ折りにした人形を立て、双方からトントンとたたいて移動させ、相手を倒した方が勝ち。なかなか勝負がつかず、熱戦になるケースが多かった。ちなみに、手作りの台と人形は、5年生が全員分作ってくれたので、お土産としていただくことが出来ました。中学生⑤



 輪投げゲーム。5年生が、新聞を丸めて作ったリングと、ペットボトルを的のピンにして、輪投げを楽しむゲーム。5年生の名アイデアに、幼稚園生は熱中していました。中学生⑥



 最後に、5年生が、丹精込めて作った、風船や折り鶴をお土産にいただき、ご満悦でした。5年生の皆様、今日一日ありがとうございました。中学生⑦

 ホーム