豆まき

 2月3日(土)の節分行事を、2月5日(月)に実施。先日の雪の影響で、園庭が軟弱になっており、クラス毎にホールで実施。
 第1部では、全員に、大型紙芝居で、節分の由来について勉強しました。節分①



 昔は家の入口に、ぎざぎざの葉の着いた「ひいらぎ」の枝をさし、その先に、臭いにおいのするサンマの頭をさして、鬼が入らないようにしたようです。節分②



節分の由来を勉強した後、「豆まき」の歌を全員で歌い、さらに「鬼は外!、福は内!」の練習をしました。鬼なんて怖くないぞ!節分③



  年少さん、年中さんが保育室に帰り、年長さんが「鬼は外、福は内!」の練習をしていたところに、突然恐ろしげな鬼が乱入してきました。赤鬼2匹、青鬼1匹。年長さんが果敢に反撃します。ホールは大混乱におちいりました。
節分④



さすがの年長さんも、だんだん怖くなり、狭いホールを逃げまどいます。特に不気味な目をした青鬼が怖いようでした。節分⑤



 次に年中さんの豆まきの番ですが、鬼と聞いただけで、怖さで涙が出てきます。節分1⑥
<


 年中さんに襲いかかる巨大な青鬼。助けを求めてホールを逃げまどいます。鬼は外!!節分⑦



年中さんは2回目の鬼体験。しかも狭いホールでの体験は初めて。想像以上に怖いものでした。お母さん!怖いよー節分⑧



 年少さんは鬼との対面は初体験。恐怖にひきつる顔、顔、顔!先生、助けて―拙文⑨



 そんな中、敢然と鬼に立ち向かう男の子がいました。がんばれ!がんばれ!節分⑩




 ホーム