園児引き渡し訓練

 11月15日(水)、震度5以上の地震発生時に、園児を保護者に引き渡す訓練を実施しました。
 幼稚園には、緊急地震速報装置「EQ」が設置してあります。これは、地震発生前の事前情報をキャッチし連絡してきます。幼稚園で、震度4以上を設定しておくと、震度4以上の予想地震はすべて通報してきます。同時に自動的に幼稚園の放送設備を起動させ、全園放送でお知らせします。今日は「ポロオン、ポロロン・・・」の警報音と「地震です」の音声を流しました。引き渡し訓練①



 園長は、放送で、今日の訓練を、全園児にわかりやすく説明します。
 「地震発生です。あわてず、おちついて、机の中へ入ってください。防災ズキンを必ずかぶりましょう。」
 子ども達は、ズキンをかぶり、一斉に机の下へもぐりこみます。引き渡し訓練②


 地震が収まりました。これからお家の人が迎えに来ます。急いで帰りの支度をしましょう。
 防災ズキンをきちんとかぶり、スモックを着た上にジャケットを着て、カバンをしょって園庭に出ます。
 担任の先生を早く探して、朝礼順に並びましょう。引き渡し訓練③



 早くもお家の人がお迎えに見えました。園児のお迎えは、基本的には徒歩です。チェックシートに時間とお名前を記帳して、園児を引き取ります。兄弟姉妹がいる場合は、低年齢の園児から引き渡します。引き渡し訓練④



 プレスクール(未就園児)のお友達も、引き取り訓練に参加しました。おとなしくお迎えを待つことが出来ました。引き渡し訓練



 お子さんと危険個所を確認しながら、帰宅してください。日野市の遠方から通園している方は相当時間がかかります。最終引き取り者は11時45分。1時間15分かかりました。引き渡し訓練⑥

 ホーム