キウイ狩り


 11月6日(月)、年少さんがバス2台に分乗して国立市の澤登(さわのぼり)キウイ園にやってきました。
 ここは、国立市の高級住宅街のど真ん中にある緑のオアシスで、6,000坪の空間に、キウイやぶどうを栽培しています。
 太平洋戦争後(70年前)、荒廃していた興業銀行の保養地の跡地を、先代の澤登晴雄氏が譲り受け、戦後の食糧増産の模範農場としてスタートしました。現在は息子夫婦が守っています。キウイ①



 1970年代の大阪万博の時、ニュージーランド館に出品されていたキウイに興味をひかれた澤登氏は、日本キウイフルーツ協会を設立し、日本に初めてキウイを導入しました。ちなみに「キウイ」の名はニュージーランドの国鳥キウイバードからとったそうです。キウイ②



 現在のキウイ畑を管理している奥様から、キウイのとり方、キウイの食べ方などをていねいに説明していただきました。現在10種類以上の品種を栽培しているそうです。キウイ③



 さっそく、年少さんが広い農場に飛び込み、一人5個収穫しました。高いところは先生に抱っこしてもらいゲットしました。キウイ



 全員収穫した後、キウイ園から、すてきなプレゼントがありました。この畑で取れたキウイから作った自家製の「キウイジャム」です。クッキーにのせたジャムは、とろけるようなおいしさでした。キウイ⑤



このキウイ園を開設した澤登晴雄さんは、山梨県出身で、古くからぶどうやワインに関心が高かった。世界のワインの生産地を巡礼するうち、日本でも世界に通用するワインが出来ないものだろうかと、研究に没頭した。
 ついに、光明を見いだした。日本原産の山ぶどうにヨーロッパの品種を掛け合わせると、すばらしいワインができることを突き止めた。日本中の山に入り、山ぶどうを探し求め、各地でワインの名品を作ることに成功した。北海道池田町の「十勝ワイン」、山形の「月山ワィン」、秋田の「白神山ワイン」、青森の「十和田高原ワイン」等の傑作を生みだすことに成功。日本のワイン王と言われるようになった。現在も澤登キウイ園の一画に、紅葉した山ぶどうの原木を見ることができる。キウイ⑥
 

立川防災館体験記

 10月25日(水)、年長さんが立川防災館にやってきました。
 昨年3月にリニューアルオープンした同館は、市民の皆さんや子ども達に親しまれてきました。
 今回は地震や火事の体験を中心に学習していきます。防災館①



 最初は「防災ミニシアター」で、アニメによって火事の怖さを目で体験しました。ライター、マッチ、花火などによる危ない火遊びは絶対にしないこと。「子どもの火遊び火事のもと」を肝に銘じてください。防災館②



 次は煙の体験。火事に伴う煙の発生による重大事故も後を絶たない。
 体験室では、煙の充満する4つの部屋を通過して、無事生還する想定ですが、モニターで見ていると、同じところをぐるぐる回ったり、後ろに下がったりして、なかなか前に進めません。落ち着いて、ハンカチを鼻と口に当て、身を低くして、壁に手を当て、少しずつ前進するようにしてください。防災館③



 次は地震の体験。5人一組で、震度6の揺れを体験。生まれて初めて味う大きな揺れ、思わず机の脚にしがみつきました。まずは家具や電気製品などの落下物から身を守り、揺れが収まってから、火の始末などを考えよう。防災館④



 園長先生も最大の揺れを体験。マグニチュード9、震度7、東日本大地震の時の大きな揺れです。自分のいる部屋が今にもつぶれるのではないかと恐怖を感じました。まずは自分の身を守ることを考えよう。防災館⑤



 大きな体験をした後、「子ども防災体験広場」で、様々な体験を楽しみました。防災館⑥

jじゃがいも掘り

 じゃがいも掘りを学年ごとに実施しました。年少さんは24日(金)、年中さんは17日(金)、年長さんは20日(月)。それぞれバス2台に分乗して上砂町の石塚農園へ出かけました。普段バス通園でない子もアンパンマンバスに乗れてごきげんです。じゃがいも掘り①



 約30分のドライブで農園に到着しました。畑では大きくなったじゃがいもさんがお待ちかねでした。それぞれ大きな袋をもって下り立ちました。じゃがいも掘り②



 農園オーナーの石塚さんのお話。今日収穫するお芋は「キタアカリ」。柔らかくて甘いお芋なので、ふかし芋やサラダにすると、おいしくいただけます。がんばって、たくさんとって行ってください。じゃがいも掘り③



さっそく手をさしこむと、大きなお芋が顔を出しました。お芋さんこんにちわ!じゃがいも掘り④



 年中さんも、一人でがんばりました。一人2株掘りますが、次から次とお芋が出てくるので、びっくりしました。じゃがいも掘り⑤



 「先生、とれました!」、年少の時は、先生に手伝てもらいましたが、今日は生まれて初めての収穫です。感激!じゃがいも掘り⑥



 「先生、見てみて、こんなにとれたよ!」、後ろのばら組さんも大収穫です。うーん、重いよ!じゃがいも掘り⑦


 年長さんは力持ちです。お芋の蔓をグイと引き抜きました。後は地中から宝の山を掘り出すだけです。じゃがいも掘り⑧


 
 

年少さん園外保育ー多摩川河川敷

年少さん最後の園外保育に、多摩川の河原に出かけました。バス2台に分乗して、多摩川に近い柴西公園にやってきました。多摩川①



 この付近の多摩川の土手は、近年の工事で、高く丈夫に作られています。大きな洪水にも耐えられるそうです。急な階段を下って河原に下ります。多摩川②


 広い河原で、日ごろ鍛えたマラソン競争をしました。直線で1,000mぐらい走りました。多摩川



 結果は、男は1位やまだけんご 2位むらやまゆうや 3位なかむらすおう 女は1位はらみつむぎ 2位ふじもりゆいか 3位かやみなみ、でした。入賞者は、理事長先生から表彰状をいただきました。多摩川④


 マラソンの後は、持参の水筒でのどを潤し、先生から、お菓子とゼリーをいただき、おいしくいただきました。多摩川⑤



その後、広い河原を走り回り、延び延びと心ゆくまで遊びました。小春日和の楽しい一日でした。多摩川⑥

羽村動物公園へー年中さん園外保育

 2月17日(水)、年中さんが羽村動物公園へ園外保育に出かけました。 
 この動物公園は「童話の動物園」といわれるように、ウサギやカメ、ロバやヤギ、ツルや小鳥たちなど童話に登場する動物たちがたくさんいます。おとぎの国のような動物園です。羽村動物公園①



 入園すると、かわいいレッサーパンダが出迎えてくれます。ようこそ、いらっしゃいませ、といわんばかりに木に登ったり、正面に出てきて尻尾を振ったりしていました。羽村動物公園②



 お目当ては、どきどきの「ハンズオン」。モルモットやヒヨコを直接抱っこできるコーナーです。公園のお姉さんから、抱っこの仕方や諸注意を聞いた後、一人ひとり抱っこしました。小さな動物たちの鼓動や体温が伝わり、夢心地のひと時を過ごしました。羽村動物公園③



 サバンナ園には、キリンやシマウマ、ダチョウなどの大型動物がゆうゆうと歩いています。羽村動物公園



 公園の一角には、フンボルトペンギンやアメリカビーバーなどの水生動物も元気に暮らしています。羽村動物公園⑤



 サル山には、ニホンザルがたくさん生活しています。その他にもイノシシやフクロウなどたくさんの動物を見ることができます。羽村動物公園⑥


 昼食は芝生広場でいただきました。広場には、蒸気機関車やゾウや恐竜の置物があり、ウサギとカメの童話ランド、小鳥たちの童話ランドもあります。紅白の梅もきれいに咲いていました。羽村動物公園⑦

 ホーム  »  次のページ