メニュー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

最新記事

新学期開始

 4月10日(水)、若草幼稚園の入園式が行われ、54名の元気な子どもたちが、若草幼稚園のメンバーに加わった。
 新元号とともに、新しい若草幼稚園の歴史を紡ぎだしてほしい。新学期開始①



 初登園。新入園児が、お兄さん、お姉さんとともに、元気に登園してきました。若草幼稚園の仲間に入ったことが、ことのほかうれしいようでした。新学期開始②




 バス登園。近年、遠距離通園希望者が増加し、半分以上がバス通園者。日野、国立、昭島からの通園が多く、毎日にぎわっている。
 バスは2台で、アンパンマンのアニメを施した「アンパンマンバス」で、子どもたちに人気を博している。新学期開始③




 保護者顔合わせ会。新学期はクラスごとに、保護者顔合わせ会を実施する。担任から、園の決まりやお願い事をお話しし、クラス運営の円滑化を図る。また、保護者からは、家庭での子どもの様子や自己紹介が行われ、親子ともども親睦を深めていた。新学期開始④





  年少さんの体操始め。体が丈夫でないと、何をやってもうまくいきません。
 若草幼稚園では、週2回、外部の体育指導員を招いて、全園児を対象に、幅広い体育指導を行っています。年少さんも嬉々として参加いています。新学期開始⑤



給食試食会。子どもたちの成長にとって食事ほど大切なものはない。園では希望者に給食を紹介しているが、9割くらいが利用している。保護者の皆さんに実際に食べていただき、安心していただくようにしている。また、栄養士から、アレルギー食や気を付けている点を話していただき、安心して給食が食べれるようにしている。新学期開始⑥



 弁当始め。4月17日(水)から1時降園。水曜日は給食のない日なので、今日は全員弁当持参。お母さんの心づくしのお弁当を広げて、どの子もうれしそう。食べるのが惜しいようなキャラ弁もあり、食卓に花が咲いたようでした。新学期開始⑦



新学期が始まったばかりですが、もうすぐ5月の10連休が近づいてきています。幼稚園では、青空をバックに鯉のぼりが元気に泳いでいます。この鯉のように、子どもたちが、元気に、たくましく成長することを祈るばかりです。
新学期開始⑧


 



英語正課のネイティブ授業

 年長さんは、英語は正課で学習しているが、年に数回、nativeによる外国人教師による授業が実施される。
 今回は、アメリカのカリフォルニア出身のPatrick Harker氏の指導。氏は大の親日家で、ECCでは10年になるベテラン教師で、大きな声とゼスチャーで、子ども達をひきつける。家では10歳の娘と、7歳の息子の良きパパでもある。ネイティブ①



 初めは1月(January)から12月(Decemmber)までの月の学習。大きな声で何回も復唱させる。その内に子ども達もスラスラいえるようになるから不思議。ネイティブ②



 次は季節の花の練習。椿camellia,梅an ume blossomの絵を交互に示して、季節感を出しながら学習を進めていく。ネイティブ③



次は英語の絵本「Strawberry Road」の紹介。アメリカのイチゴ畑が次々に展開されていく。ネイティブ④



 カードを使っての正解当てクイズ。strawberry, milkなどの数枚のカードをばらまき、正解を当てさせたり、好きなものを取らせたり、様々なゲームを楽しませる。ネイティブ⑤



 最後は、歌と踊りでの学習。ABCの歌をCDプレーヤで流し、大きな声で歌いながら、みんなで教室中を踊りまくる。何回も繰り返していくうちに、正確な発音が身についていく。英語の学習が楽しくなりました。ネイティブ⑥



アットいう間に、楽しい時間が the end。子ども達も、先生も、心残りだが、バイ、バイ! See you !ネイティブ⑦





一小でのなかよしの会

 2月21日(木)、若草幼稚園年長さんと第一小学校の一年生との交流会「なかよしの会」が小学校で実施されました。
 初めに小学生代表が、歓迎の挨拶をしました。1年前に卒園した子どもたちが大きく成長して、立派に挨拶をしてくれました。なかよし会①



 つづいて第一小学校の對馬校長先生が、小学校では、1年生に入学してくれることを、大歓迎しますと、挨拶してくれました。なかよし会②



 1年生たちは、3つの教室を開放して、15のお店をつくって、待っていてくれました。
 「むかし遊びやさん」は、カルタなど昔の遊びを集めて歓迎してくれました。なかよし会③



 「おりがみやさん」では、カラフルな色紙を用意して楽しませてくれました。なかよし会④



 「たのしいこうさくやさん」では、豊富な材料を用意してくれ、子ども達をひきつけていました。なかよし会⑤



 「ひらがなさかなつりやさん」も楽しいお店でした。ひらがなで名前のついた魚を、次々に釣り上げていました。なかよし会⑥



 「しゃてきやさん」は、まるでお祭りに来ているようで、男の子に人気のお店でした。なかよし会⑦

一小5年生との交流会

 2月12日(火)、第一小学校の5年生31名が交流会のため、若草幼稚園を訪れた。彼らは5年前、若草幼稚園を卒園した人たち。今春最上級生の6年生になるので、1年生に入学する若草の卒園生をバックアップしてくれるため、訪問したという。たくましく成長した姿は、頼もしい限りだ。一小交流会①



 交流会はさくら、ふじの2部屋に分かれ、「王様、ジャンケンゲーム」から始まった。
 幼稚園と小学校に分かれ、ジャンケンをして、勝ったら進み、負けたら後ろにつくゲーム。ハラハラドキドキ、勝ち抜き戦は延々と続き、果たして王様の座はだれの手に!。一小交流会②



 次は「ドン、ジャンケンゲーム」。2組に分かれ、「よーい、ドン」でスタート、ジャンケンして負けたら後ろにつき、勝ったらカウントしておく。白熱戦の末幼稚園チームの勝ち。一小交流会③



 さくら組では「ばくだんゲーム」が始まった。幼稚園の先生のピアノの音楽に合わせ、おもちゃのぬいぐるみを手渡いしていく。突然ピアノの音が止まる、その時ぬいぐるみをつかんだ人が負け。何回か繰り返したが、これは小学生の勝ち。一小交流会④



 ふじ組では最後のゲーム「だるまさんが転んだ」が始まった。鬼は、「だるまさんが転んだ」、を早く言ったり、遅く言ったりして、振り返り、動いた人を探します。鬼に気づかれないように動きを早くしたり、小さくしたり、手に汗を握る一瞬です。さてどちらが勝ったのでしょうか。一小交流会⑤



 楽しい交流会も、あっという間に時間が来てしまいました。
 最後に、5年生の代表から、元気に小学校に来てください、わからないことは、やさしく教えてあげます、と約束してくれました。一小交流会⑥




 

コマ回し大会

 こま(独楽)は、軸を中心として回転させて遊ぶ伝統的な玩具の一つ。特に冬の室内遊びとして喜ばれてきました。
 幼稚園では、保育業者から一括購入し、全員に持たせ、好きな色を塗ってもらい「マイコマ」として愛用してもらっています。コマ回し大会①


 今日(1/30)は、日頃の成果をぶっつけあう決勝大会です。全員ホールに集まりました。各部屋で予選を勝ち抜いた20名の精鋭が闘志満々で集まりました。男10名、女10名です。コマ回し大会②



 いよいよ戦闘開始。4人ずつ登場しますが、勝負はタイムの長さで争います。決勝に残った面々は、ほとんど1分以上を記録し2分以上回した人もいました。火の出るような熱戦が繰り広げられました。コマ回し大会③



 成績発表です。女子の部は、第1位池ノ谷凛那さん、第2位中嶋梨乃さん、第3位坪井瑠那さん。男子の部は、第1位情野龍ノ介さん、第2位森下遼さん、第3位谷川寛樹さん、でした。園長先生から表彰状が授与されました。おめでとうございました。コマ回し大会④



 成績優秀者には、クラス全員から祝福の拍手が送られました。入賞者は、全身で喜びを表していました。コマ回し大会⑤


 


 

 ホーム  »  次のページ