次回の園庭開放は1月19日(土)です

 寒い日が続いています。寒いときは温かいホールで遊びましょう。ホールには、珍しい遊具がたくさんあります。
 お日様が顔を出し、温かくなったら、外へ出て、砂場や総合遊具でも遊びましょう。
 予約不要、9:25分までにお越しください。ふるってご参加ください。

もちつき大会

 12月18日(火)、今年最後の行事「もちつき大会」を実施しました。
 前日までに、もち米やあんこ、きなこ等を注文し、薪づくりや臼、杵の水はり、道具の点検をし、前日に年長さんにもちとぎをしてもらいました。
 当日は早朝より準備にかかり、8時10分に点火、8時30分に4つのかまどに10セイロを乗せ、蒸しあげました。もち米の甘い香りがあたり一面にただよいました。もちつき大会①



 9時30分、全員帽子をかぶり、園庭に出て、先生からお餅つきの説明を聞きました。最初の一臼は、園長先生がデモンストレイションとしてつきあげました。お餅がべたつかないように水を付けたり、ひっくり返したりする係は冨澤先生でした。もちつき大会②



 2臼目、3臼目は、大澤先生と今牧先生についていただきました。力強い杵さばきで、おいしい餅が出来上がりました。残りの7臼は機械でつきました。もちつき大会③



 子ども達も負けじと、餅つきに挑戦しました。年少さんは自分の背丈ほどの杵を持ち上げ、何とか打ち上げました。もちつき大会④



 年中さんも果敢に挑戦しますが、餅が杵にねばりついて、なかなかうまくいきません。うんとこどっこいしょ、と悪戦苦闘です。もちつき大会⑤



 年長さんはさすがに力強く、足を踏ん張って、杵を打ち下ろしていました。もちつき大会⑥



 別室では、年長さんがからめ餅を作っていました。きなこ、砂糖醤油、あんこのからめ餅です。全員、マスクを着用し、新しい手袋をはめて作業をしていました。もちつき大会⑦



 出来上がったお餅は、各保育室に運ばれ、3種類のお餅を先生から分けていただきました。おいしかったです。何回もお替りをしました。もちつき大会⑧

おゆうぎ会

 12月6日(木)~8日(土)の3日間、おゆうぎ会を実施しました。
 6日は年長さんが出演し、年少・年中さんが観覧しました。7日は逆に、年少・年中さんが出演し、年長さんが観覧しました。8日は保護者参観日で、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなどが多数詰めかけ、大盛況でした。
 年少さんは6つのおゆうぎを演じました。トップバッターはりす組の「サンタが町にやってくる」。もうすぐクリスマス、鈴の音も高らかに、かわいく元気に踊りました。ゆうぎ会⑦



ことり組みトップを飾るのは「まじめにんじゃ」。女の忍者「くのいち」もいるまじめにんじゃたちが、まじめに修行を行います。「手裏剣投げたらすぐ拾う!」ほどまじめです。舞台いっぱいに修業を繰り広げる豆にんじゃたち、素敵にかっこよくポーズを決めてくれました。ゆうぎ会⑧



 りす組2番手は「レッツ ダンス ペンギン」。かわいらしいペンギンになって踊る楽しいダンスです。ペンギンのコミカルの動きが、とってもかわいかったです。ゆうぎ会⑨



ことり組2番目は「かがやくのは いま」。ディズニーの小さなプリンセスソフィアの曲で、女の子に人気が高いが、男の子のファンも多い。手と足を同時に違う動きをするところがあり、何度も練習を重ねました。「大丈夫、何とかなるわ」という歌詞に励まされ、がんばりました。ゆうぎ会⑩



 りす組最後は「ジッパー・ディー・ドゥー・ダー」。ディズニーランドのスプラッシュマウンテンで流れている曲で、元気や活力、勢いよく進むという意から「前とか見えないけれど、歩いていけばいいことあるよ、元気よく行こう」というメッセージが込められています。リュックを背負った子ども達は、わくわくしながら、冒険に行く様子が見られました。ゆうぎ会⑪



 年少組最後を飾るのは「まっくらけっけっけ」。これは、かわいいお化けの曲です。曲名が特殊なので、最初は希望者が少なかったのですが、だんだん人気が高まり、クラス中で歌われるようになりました。「肩が重いと感じませんか?」と声を合わせて言う場面が見所です。全員自分で描いたお面をつけてがんばりました。ゆうぎ会⑫




第2部は年中さんです。年中さんも6つのおゆうぎを演じます。1年前、かわいかった、あどけなかったころと比べると、動きがシャープになり、演技力も抜群に向上しました。
 年中さんのトップバッターはきく組の「やさい音頭」。野菜をイメージしたそれぞれの色のうちわを持って、元気よく踊ります。きく組でも人気の曲で、普段からみんなで歌っていました。曲中「よろしくう!!」のかけ声とポーズがありますが、とてもかわいいので、たくさんの拍手をいただきました。ゆうぎ会⑬



 ばら組の一番手は、「マスカット」。これは、クレヨンしんちゃんの主題歌で、アップテンポでのりの良い曲。子ども達にもなじみの曲で、ばら組ではよく歌われていました。鈴の音もやさしく、スカッとした舞台となりました。ゆうぎ会⑭



 きく組2番手は「サモア島のうた」。この曲は、1961年にNHKみんなのうたで放送され、日本に広まったポリネシア民謡。南の島のイメージなので、衣装も飾りもイメージに合わせました。舞台からさわやかな南国の風が吹いてくるようでした。ゆうぎ会⑮



ばら組2番手は「やってみよう」。CMやTVでよく耳にする曲で、がんばろう!、やってみよう!とパワーをもらえる曲です。元気な掛け声から始まり、ジャンプが多く、元気の出る曲なので、毎日汗を流してがんばりました。ゆうぎ会



 きく組最後は「みいつけた!」。この曲は聞いたことのある子が多く、すぐに練習に入れました。練習では、立ち位置もすぐ覚え、こまかい踊りの部分もすぐマスターし、大合唱しながら踊りました。バックの飾りは、子ども達の描いた顔が、流れ星になっています。ゆうぎ会⑰



 年中組の最後を飾るのは、ばら組の「ホープ HOPE」。この曲は、TVアニメ「ワンピース」の主題歌で、安室奈美恵の歌。練習では、まったく飽きずに何度も楽しそうに踊っていました。チョッピリお色気を感じさせる年中さんの女の子でした。ゆうぎ会⑱




  年少さんのかわいらしさ、年中さんのスマートさに比べ、年長さんはたくましさを見せるようになりました。
 年長さんは4つのおゆうぎ、2つのオペレッタを演じてくれます。
 年長さんのトップバッターは、ふじ組のオペレッタ「うらしまたろう」。助けた亀に連れられて竜宮城でおもてなしを受け、土産にもらった玉手箱を開けてしまい、おじいさんになってしまった浦島太郎は、再び亀に連れられて竜宮城に戻り、若い太郎に戻るというオリジナルストーリー。一人ひとり、大きな声で演じることを大事にしてきました。ゆうぎ会①



 さくら組のトップは「Monster(モンスター)」。この曲は2010年の嵐の作品で、ドラマの主題歌にもなったもの。曲調が途中で変わったり、歌もかっこいいところが多く、クラスでも大人気で、くじ引きでメンバーを決めました。10名の男の子が、かっこよく決めてくれました。ゆうぎ会②



 ふじ組2番手は、おゆうぎ「RISING・ようこそ日本へ!」。これは、津軽三味線の吉田兄弟の作品と、ひろみちお兄さんの作品を合わせたもので、日本の和の曲に合わせて、扇子を持って踊ります。素早い動きが多く、集中して練習してきました。ゆうぎ会③



 さくら組2番手は、オペレッタ「長ぐつをはいたネコ」。男女合わせて16名という大人数の出演者で、歌って、踊って、セリフもある壮大なストーリー。ヨーロッパ風の背景の中、子ども達も、生き生きと演じていました。ゆうぎ会④



ふじ組の最後を飾るのは、おゆうぎ「U.S.A.]。ダサ・カッコイイのフレーズでおなじみのDA-PUMPの名曲。「カモンベイビーアメリカ!」のリズムに合わせ、舞台狭しと踊ります。抽選で勝ちとった、やる気満々の10名でした。ゆうぎ会⑤



 おゆうぎ会の最後、大トリを務めるのは、さくら組のおゆうぎ「笑ー笑 シャオイーシャオ!」。この曲は映画のクレヨンしんちゃんの主題歌。笑―笑(シャオイーシャオ)とは、中国語で、元気が無かったり、機嫌の悪い人に向かって、「ほらほら、笑顔笑顔」という風に、さあ笑ってよ!という感覚で使うそうです。笑顔で踊りまくる10人の女の子に、満場の拍手が鳴り止みませんでした。ゆうぎ会⑥






 



 

次の園庭開放は12/15(土)です。

 イベントはクリスマス制作で、サンタさんの帽子を作ります。できた作品は記念に持ち帰ります。
 参加希望者は、材料の準備の都合もありますので、参加人数を電話でお知らせください。

 ①アンパンマンの口の中をクレヨンでぬる。
 ②アンパンマンのほっぺた・鼻のシールを貼る。
 ③アンパンマンをのり付けする。
 ④星のシールを貼る。
 ⑤のり付けして帽子を仕上げる。
 ⑥ゴムをテープで付ける。
 ⑦出来上がった作品に自分の名前を書く。

 時間の許す限り、園庭でお砂遊びや総合遊具で遊びます。

登山会、バーベキュー忘年会

 12月2日(日)、若草登山会は昭和記念公園で、焼きそばとトン汁による忘年会を実施しました。会員が購入した食材を持ちこみ、器材をレンタルし、さっそく準備に取り掛かりました。火起こしから、調理の手順まで、お父さんの腕の見せどころです。バーべキュウー①



 早くもトン汁から温かい湯気が立ち上り、おいしそうなにおいがあたり一面にただよいます。具の多い、絶品のトン汁が出来上がりました。奥では小学生のお兄ちゃんが、焼きそばに入れる野菜をいためています。バーベキュー②



 焼きそばも出来上がりました。ソース焼きそばの香ばしいにおいが、食欲をそそります。バーベキュー③



 近くの「みんなの原っぱ」で遊んでいた子ども達も、お腹を空かせて帰ってきました。バーベキュー④



 子ども達は、思い思いにブルーシートを敷き、お父さんやお母さんたちが作ってくれた、焼きそばとトン汁に舌鼓を打ちました。バーベキュー⑤


 お父さん、お母さんも、ワインを味わいながら、こんがり焼けたウインナーをつまみ、ごきげんでした。バーベキュー⑥



 子ども達は、食べて、飲んで、広い園内を思い切り走り回り、すばらしい休日をエンジョイしていました。すてきな一日を演出して下さったお父さん、お母さん、ありがとうございました。バーベキュー⑦

 ホーム  »  次のページ